concept of peace and international unity

Cells Alive Freezing Technology

各国政府機関等との取り組み紹介

国立天文台ハワイ観測所【日本】

国立天文台ハワイ観測所【日本】

国立天文台すばる望遠鏡(大型光学赤外線望遠鏡)の解像度を上げるために,CASで培った技術を活用して望遠鏡装置への霜の付着を防止しながら,低温に冷却して一定の低温度に保持することで、解像度を下げる赤外線ノイズを抑制することに成功しました。

iPSから作った神経幹細胞の凍結技法確立【日本】

iPSから作った神経幹細胞の凍結技法確立【日本】

慶應義塾大学の岡野英之教授や株式会社アビー、日本ユニシスは、人間のiPS細胞から作った神経のもとになる幹細胞を凍結保存する技術を確立した。 従来の凍結法では解凍後の生残率が34%しかなかった。新技術を使うと最高で70%の細胞が生存することから、臨床応用に使える水準に達した。

大統領官邸において勉強会【フランス】

大統領官邸において勉強会【フランス】

M.O.F技術者や料理アカデミーにおいては、「冷凍した食材は一切使わない」という厳格なルールがありましたが、「CASは生に戻る技術である」という評価を受けて、導入が進んでいます。この様な成果を共有し、業界をさらに発展させるため、関係閣僚と勉強会が開催され、CASに対する理解を深めました。

先端技術支援の合意【イギリス・アイルランド】

先端技術支援の合意【イギリス・アイルランド】

アイルランド政府商務庁、英国のグリムスビー高等教育研究所とアビーは、アイルランド国内の水産業界に向けたCAS凍結装置の先端技術の支援に合意。 グリムズビー高等教育研究所は、新たにCASシステムを導入し、ハンバー・シーフード研究所を設立しました。

CAS技術研究所を設立【ベトナム】

CAS技術研究所を設立【ベトナム】

日本とベトナムの科学技術協力40周年記念祝賀会が2013年6月19日に開催されました。 祝賀会ではベトナム科学技術省とアビーとの間で科学技術協定の調印が行われました。

マンゴー・アボカド鮮度凍結【メキシコ】

マンゴー・アボカド鮮度凍結【メキシコ】

メキシコ州政府より、マンゴー・アボカドは従来の凍結技術では高品質な製品が作れないとの相談を受けたことで、機械の設計に着手。 2連式CASエンジン搭載トンネルフリーザーを納品し、これら果物の高品質凍結を実現。輸出商品としての成長が期待される。