★CAS-魚.jpg

会社概要

株式会社 アビー ABI Co., Ltd.

商号(社名)

本 社

所在地

〒270-0138

千葉県流山市おおたかの森東1-12-1

代表取締役社長 大和田 哲男

代表者

平成元年2月1日

設立年月

5,000万円

資本金

従業員数

40名

取引銀行

千葉銀行 我孫子支店  京葉銀行 柏支店
三井住友銀行 柏支店  

主な業務

CASプログラムフリーザーの開発・製造・販売

急速凍結システムの開発ならびに製造・販売

調和振動保管庫・ショーケースの開発ならびに

製造販売、​厨房設備工事全般

社外研究室

​武庫川女子大学内食品研究室 ほか

★CAS-トマト.jpg

パテント所有

fg_licence_01_01.gif

産学共同研究体制

1061.png
DSC04434.jpg

リジェネフロ株式会社(本社:京都市左京区、代表取締役:石切山俊博、以下「リジェネフロ」)はこのたび、株式会社アビー(本社:千葉県流山市、代表取締役社長:大和田哲男、以下、「アビー」)と共同研究契約を締結いたしました。

本共同研究契約は腎前駆細胞を用いた細胞治療のための非臨床試験用・臨床試験用サンプルの製造プロセス開発を目的とするもので、アビーとは凍結保存プロセスの開発を進めてまいります。

平成 23 年春の国家褒章 ─ 黄綬褒章受章

黄綬褒章.jpg
黄綬褒章.png

細胞組織を活かし長期保存を実現した革新的冷凍技術の発明考案に精励 

(株)アビー代表取締役社長大和田 哲男

  従来の冷凍技術では、表面の水分子から凍結し、内部への熱移動が妨げられるため、全体凍結に長時間を要し、同時に中心近傍の水分子の凍結時には、氷の膨張で周囲組職を変質させ、 冷凍対象物の品質を劣化させるという課題があった。

 本技術は、冷凍装置内の対象物に対 し、複数の微弱なエネルギーによるミ クロな微振動を発生させながら、氷結晶成長を抑えて急速凍結させる技術である。これにより、微細氷結晶による冷凍対象物の細胞組織や細胞膜などの組織損傷を低減した状態での長期保存が可能となり、従来法よりも解凍後の品質劣化の低減化を実現した。

 

 また、冷凍食品分野における食品の鮮度保持技術が格段に向上し、長期保管や長距離輸送による冷凍対象物の品質劣化の問題が改善された。限りなく生に近い美味しさの再現により、末端 ユーザーである消費者からも支持されている。さらに当該技術は、医学医療・ バイオ分野においても、生体細胞組織の凍結保存技術として活用されるな ど、社会・経済の発展に寄与している。

表彰ほか

fg_award_01_01 (1).jpg

写真左:石原慎太郎・東京都知事、森田健作・千葉県知事らと撮影/写真中:猪瀬直樹・東京都副知事と代表取締役社長・大和田哲男

写真右:森田健作・千葉県知事らと歓談

fg_award_13-thumb-216x160-270.jpg

2011年3月 細胞凍結に関する国際討論会議で「食品産業及び医学に関するCASの応用」を発表し、技術評価証明書を頂きました。

fg_award_10-thumb-216x160-267.jpg

2010年4月 文部科学大臣表彰 科学技術賞技術部門 【文部科学省】
文部科学大臣より、「細胞組織を活かし長期保存を実現した革新的冷凍技術の開発」が日本国の科学技術の振興発展に貢献したとして表彰を頂きました。

fg_award_07-thumb-216x160-264.jpg

2009年9月 第12回日食優秀食品機械賞機械部門
【(株)日本食料新聞社】
1943年発刊で食のリーダー紙である日本食料新聞社より、「鮮度を損なわないCAS冷凍システム技術」が食品産業の発展に貢献した技術として表彰を頂きました。

fg_award_04-thumb-216x160-261.jpg

2009年3月 第34回発明大賞日刊工業新聞社賞
【(財)日本発明振興協会 日刊工業新聞】
急速冷凍方法およびCAS装置開発について優れた発明研究を完成した功績を称えると表彰を頂きました。

fg_award_01-thumb-216x160-258.jpg

2007年10月 第3回つくばベンチャー大賞つくばタイムマシン賞受賞
 【NPO法人つむぎつくば】 
組織を壊さず長期保管を可能にしたCASシステムは、新鮮食材の時間と距離の壁を越える開発として表彰を頂きました。

fg_award_12-thumb-216x160-269.jpg

起業家の功績を称える約50か国135以上の都市で開催される世界的な表彰制度アントレプレナー・オブ・ザ・イヤーで「食材の組織を壊さずに鮮度を保つ冷凍技術=CAS」と紹介され、ファイナリスト表彰を受賞致しました。

fg_award_09-thumb-216x160-266.jpg

2010年3月 第14回安藤百福賞優秀賞
【食創会】
食品の組織を壊さない新しい冷凍技術は食品の長期保存を可能にし、食料資源の有効利用や食料自給率向上も期待されると表彰を頂きました。

fg_award_06-thumb-216x160-263.jpg

2009年7月 第3回ものづくり日本大賞特別賞
【経済産業省】
経済産業大臣より、アビー社のものづくりへの取り組みに対して特別賞を頂きました。

fg_award_03-thumb-216x160-260.jpg

2008年8月 農商工88選認定
【農林水産省・経済産業省】
農林水産省と経済産業省より海産物の新鮮出荷を可能にする技術と取り組みが評価され「農商工連携88選」に認定を頂きました。

fg_award_11-thumb-216x160-268.jpg

2010年11月九都県市のきらりと光る産業技術表彰
【九都県市首脳会議】
東京・神奈川・千葉・埼玉9都県市の知事、市長の集うサミットで、CAS技術は関東地方の財産であると評価され表彰を頂きました。

fg_award_08-thumb-216x160-265.jpg

2009年11月 中小企業庁長官奨励賞
【(社)発明協会 中小企業庁】
「CAS機能冷凍システム技術」が発明協会主催の関東地方発明表彰の審査で高く評価されたと表彰を頂きました。

fg_award_05-thumb-216x160-262.jpg

2009年3月 日本クリエイション大賞2008開発賞
【(財)日本ファッション協会】
1994年シャープの液晶技術、1998年パナソニックの電気自動車向けニッケル水素蓄電池に次いで、アビーが生鮮食品の常識を変えるCASとして、メーカーとして3社目の受賞となりました。

fg_award_02-thumb-216x160-259.jpg

2008年6月元気なモノづくり中小企業300社認定
【経済産業省】
経済産業大臣より、明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社に認定を頂きました。